56440 normal 1484584267 %e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a 2

【著者来日】リーンエンタープライズワークショップ―イノベーションを実現する創発的な組織づくり(同時通訳付き)

2017-05-12(金)09:00 - 17:00

株式会社ヴァル研究所

東京都杉並区高円寺北2-3-17 高円寺NKビル

高江洲睦 Yusuke Higashi Jongseon Choi Takatsugu Ishioka Mitsutaka Mimura Tatsuya Kinugawa Hirata Moriyuki Fumihiko Kinoshita yasuda Tetsuro Oniki Shintaro Kakutani Koji Annoura Takao Kimura iery + 1人の参加者
申し込む
あと5人参加できます。
早期割引
80,000円 前払い
申込締切 4月1日 0:00
早期割引[請求書 + 銀行振込](法人のみ)
86,400円 会場払い
申込締切 4月1日 0:00
通常価格
100,000円 前払い
通常価格[請求書 + 銀行振込](法人のみ)
108,000円 会場払い
3名様割引[請求書 + 銀行振込](法人のみ)
250,000円 会場払い
※「会場払い」の表記は無視してください。後日、請求書をお送りしますので、開催日までにお振込みください。途中1時間程度の休憩を挟みます。

大規模な組織は、「革新的な製品の立ち上げ」「プロセスの改善」「人々の成功を支援する環境の構築」に苦労しています。大規模な組織が高速に動くことができない要因は、実に数多く存在します。たとえば、優先事項の衝突、部門別の思考、リスク回避重視の文化、実験に挑戦できないことなどが挙げられます。

「リーンエンタープライズ」は、組織に将来のビジョンと実践的な原則やパターンを提供し、大規模かつ高速に動くことを可能にします。また、ひとつの部門やチームだけではなく、「組織全体」に方法論を適用する理由と方法を示します。

賢明な企業は、ガバナンスや財務管理からシステムアーキテクチャや組織設計に至るまで、仕事のシステムを常に進化させながら、大幅なパフォーマンスの改善を追求しています。「リーンエンタープライズ」を導入することは難しく、時間とコミットメントが必要になります。ですが、組織のイノベーションの速度を向上させるには不可欠です。

本ワークショップで学べること

本ワークショップでは、大規模な戦略プログラムを実行しながら、製品・プロセス・人々の開発に科学的手法を用いる方法を説明します。また、組織が社内・市場・顧客の要求を満たすために、継続的に変革できるようにする能力を身に付ける方法についても学習します。

本ワークショップでは、「指向」「探索」「加速」「変革」のフレームワークを使用して、ハイパフォーマンスな組織を構築するための主要なコンポーネントを紹介します。

指向

大規模な組織は、「革新的な製品の立ち上げ」「プロセスの改善」「人々の成功を支援する環境の構築」に苦労しています。まずは、それらを阻害する要因を解消します。

  • ビジネスリーダーとチームの目的・ビジョン・方向性の共有理解を作成する
  • ビジネス戦略を定義し、「現在」「次」「将来」の投資の優先順位を決定する
  • イノベーションポートフォリオのドメインに対する探索・活用・維持・撤退の戦略と遂行計画を策定する
  • ハイパフォーマンスを達成するために、組織のポートフォリオを検査・適応する成功基準と成果を作成する

探索

ビジネスモデルイノベーション、製品開発、顧客エンゲージメントに対する科学的でデータ駆動型の手法を構築し、ユーザーを満足させ、ビジネスを成長させる製品を発見します。

  • 組織(と市場)に明確に表現された製品ビジョンをもたらす
  • 仮説駆動型の開発を受け入れ、新しいアイデア、製品、サービス、さらには組織変革までも、一連の実験としてとらえ、期待される成果が達成できたかどうかを確認する
  • 革新会計を活用して、不確実な環境における意思決定を向上させる
  • 現地現物:実際の顧客やユーザーにテストするために建物の外に出る

加速

顧客やユーザーのフィードバックにもとづいた高速な学習サイクルは、迅速かつ安全に製品を発展させる実績のあるロケット燃料です。競争他社よりもうまく学び、うまく実行する方法を発見しましょう。

  • 明確な目的と目標をチームに伝え、ビジネス成果に影響を与える
  • 強力なガバナンス、トラッキング、レポート機能による成果(結果ではない)の管理方法
  • バリューストリームを使用して、エンドツーエンドのフローをマップにする
  • 「改善のカタ」と「コーチングのカタ」を戦略プログラムに適用する
  • 組織全体で戦略と実行を連携する

変革

最高の企業は、人々のスキルと能力を活用して、絶え間なく高いパフォーマンスを追求しています。実験と学習の文化を作り、高度に連携した高速な組織に成長させる方法を学びましょう。

  • イノベーションポートフォリオを大規模に管理するために必要な経営戦略・構造・スキルを理解する
  • 3つのホライゾンモデルを使用して、イノベーションライフサイクルにもとづいた組織のポートフォリオを作成する
  • 定期的なふりかえり、フィードバック、コーチングを使用して、継続的な改善の文化を作る
  • 計画、人事、財務など、幅広い分野にマネジメントの革新を導入する

対象となる受講者

  • 戦略、リーダーシップ、組織文化、ガバナンスに関心のある経営者
  • 製品、技術、IT、運用などを担当する役員
  • PMOなどのプログラムやプロジェクト管理に携わっている方
  • 製品開発チームやそのリーダー

ファシリテーターについて

Barry O'Reillyは、リーンとアジャイルのプラクティスや原則を使いながら、先進的なグローバル組織の継続的改善を支援している。起業家・社員・コンサルタントとして、いくつかのスタートアップを経験後、現在は大企業向けのビジネスモデルイノベーション・プロダクト開発・組織デザイン・文化の変革といった分野の交差点に着目している。

Barryは、Eric Riesが監修を務めるリーンシリーズの最新刊『リーンエンタープライズ』の共著者。同書は、ハーバードビジネスレビューの「A Would-Be CEO’s Reading List(これからのCEOが読むべき書籍)」に選出されている。また、彼は国際的なスピーカーや『The Economist』の常連ライターとして知られている。

Barryは、ExecCamp社(エグゼクティブ向けの新規事業コンサルティング)とAntennae社(テクノロジー主導の大規模イノベーションの支援)の創業者兼CEOである。

注意事項

  • 最少開催人数は10名です。人数に達しない場合は、開催を中止することがあります。
  • お申し込み後のキャンセル、返金はお受けいたしかねます。代理の方がご出席ください。
  • 「請求書」を選択された方には、後日、請求書をお送りしますので、開催日までにお振込みください。
  • 病気や天災などのやむを得ない理由により、開催を中止する場合があります。この場合、お支払済みの料金は返金いたします。

主催

ワイクル株式会社 角 征典(『リーンエンタープライズ』監訳者)
http://www.waicrew.com

※株式会社オライリー・ジャパンが主催するものではありません。

コミュニティについて
ワイクル株式会社

ワイクル株式会社

アジャイル開発、リーンスタートアップ、プログラミングに関する研修を定期的に開催しています。 法人研修はコチラをご参照ください → http://www.waicrew.com/training/ アジャイル開発 LEGO(R)ではじめるスクラム入門(レゴスクラム) ソフトウェアカンバン XP:ペア計画ゲーム ユーザーストーリー ※準備中 アジャイルレトロスペクティブズ ※準備中 ス...続きを読む

コミュニティに参加