54120 normal 1478762336 rachel.001

レイチェルと学ぶアジャイルコーチングのスキル

2017-01-10(火)10:00 - 17:30


20人の参加者 Aki  Nobuaki Miura よこみち Tetsuro Oniki e_mumble murapong 高江洲睦 KazuhideInano 小笹佑京 Tomoyasu Ishii gelegele Katsunobu Harada Hiroaki Matsunaga 川口恭伸 Yoshinori Sasaki Takao Kimura 永田 敦 + 3人の参加者
★早期割引★(前払い)
45,000円 前払い
受付終了
通常価格(前払い)
50,000円 前払い
受付終了
通常価格(請求書 + 銀行振込)※法人のみ
54,000円 会場払い
受付終了
※「会場払い」の表記は無視してください。
申し込む

申し込み受付は終了しました。

「アジャイルコーチングのスキル」は、 強いアジャイルチームを作るための実践的なガイド を提供します。大きな組織において、個人とチームをコーチングするときに使えるツールとテクニックを学ぶことができます。本トレーニングはインタラクティブなコースであり、参加者のみなさんには議論とチームベースのシミュレーションに参加していただきます。

「アジャイルコーチングのスキル」は、2009年から公開/非公開のクラスとして提供しているトレーニングです。これまでに、ベルギー、フィンランド、ドイツ、ポルトガル、スペイン、英国で開催してきました。

対象者

「アジャイルコーチングのスキル」は、 アジャイルチームをコーチしたい方 なら誰でも参加可能です。 プロジェクトマネージャー技術リーダーソフトウェアチームのメンバー でも大丈夫です。ただし、アジャイルの開発手法やプラクティスについては詳しく取り上げませんので、これまでにアジャイルチームと一緒に働いた経験が必要になるでしょう。したがって、 スクラムマスター には最適なトレーニングとなります。

当日の内容

トレーニングのおおよその構成は以下のとおりです。当日はスクラムの手法(バックログの構築)を使い、参加者が学びたい内容を追加で取り込めるようにします。

  • 開始:10:00
  • イントロダクション(60分)
    • アジャイルコーチの役割を理解する
    • 本日のバックログを構築する
  • 休憩
  • 個人をコーチングする(90分)
    • 傾聴
    • フィードバック
    • 動機づけ
    • 質問
  • 昼食(60分)
  • チームをコーチングする(90分)
    • 信頼の方程式
    • 介入と調停
    • PrOpERサイクル
    • 意思決定のファシリテーション
  • 休憩
  • 組織をコーチングする(60分)
    • 改善プラン
    • コミュニティオブプラクティス(実践共同体)のコーチング
  • 終了:17:30
※本トレーニングは英語で行われます。通訳はありませんが、アシスタント(下記)がみなさまをできる限りサポートします。

講師のプロフィール

Rachel Davies

Rachel Davies(レイチェル・デイヴィス)は、ソフトウェア開発におけるアジャイル手法(特にエクストリームプログラミング[XP])において、世界的に有名なエキスパートである。世界初のアジャイルコーチングの書籍『Agile Coaching』の著者でもある(日本でも翻訳版『アジャイルコーチング』がオーム社より発売予定)。これまでに世界中のカンファレンスで何度も講演しており、非営利組織アジャイルアライアンスの議長やディレクターを務めている。

Rachelは、ソフトウェア業界で30年以上の経験がある。ソフトウェアエンジニアからキャリアをスタートさせ、今でもコンピュータープログラムを書きながら創造性と問題解決の組み合わせを楽しんでいる。

現在の役職は、ロンドンにあるUnrulyのプロダクト開発チームのリーダーである。Unrulyは、世界中のクライアントに対して、革命的なデジタルおよびソーシャルなビデオ広告のアドプラットフォームを提供している。同社は2006年に創業したスタートアップであり、当初からプロダクトの開発にXPを適用し、急速に市場を拡大させている。10年後の現在、Unrulyは日本も含めた世界20か国に300人の従業員を抱える企業となっている。

Rachelは、プライベートでは、ハイキングとパーカッションアンサンブルでの演奏を楽しんでいる。

なお、1/12には「Regional SCRUM GATHERING® Tokyo 2017」で基調講演を行う予定です。

アシスタント

永瀬 美穂(ながせ みほ)@miholovesq

アジャイルコーチ。産業技術大学院大学特任准教授。筑波大学非常勤講師。琉球大学非常勤講師。受託開発の現場でWebアプリケーションエンジニア、プロジェクトマネージャーとしての経験を重ね、2009年頃より所属組織でのアジャイルの導入と実践を通じ組織マネジメントを行う。現在は企業へのアジャイル導入支援やコーチングをしながら、大学教員としてアジャイル開発を教え、産学二足のわらじを履いている。2011年よりScrum Gathering Tokyoの実行委員としてスクラムの普及促進に寄与している。主に東南アジアのアジャイルコミュニティとの交流を続け、カンファレンスでの発表多数。認定スクラムプロフェッショナル(CSP)かつプロジェクトマネジメントプロフェッショナル(PMP)。共著書に『SCRUM BOOT CAMP THE BOOK』(翔泳社)。

角 征典(かど まさのり)@kdmsnr

ワイクル株式会社(取締役、プログラマ、コンサルタント)。東京工業大学環境・社会理工学院(特任講師)。アジャイル開発とリーンスタートアップのコンサルティングに従事。大学では、アントレプレナーシップ教育でデザイン思考の講義を担当。訳書・共訳・監訳書に『リーンエンタープライズ』『カンバン仕事術』『リーダブルコード』『メタプログラミングRuby 第2版』『Team Geek』『Running Lean』『Lean Analytics』『ウェブオペレーション』(オライリー・ジャパン)、『エクストリームプログラミング』『7つのデータベース 7つの世界』『アジャイルレトロスペクティブズ』(オーム社)、『エッセンシャルスクラム』(翔泳社)、『プログラマの考え方がおもしろいほど身につく本』『Software in 30 Days』『サービスデザインパターン』『Clean Coder』(アスキー・メディアワークス)、『Fearless Change』(丸善出版)など。

安井 力(やすい つとむ)@yattom

アジャイルコーチ、認定スクラムマスター。訳書に『アジャイルな見積りと計画づくり』(マイナビ)、『Fearless Change』(丸善出版)など。好きなプラクティスはテスト駆動開発とふりかえり。

キャンセルポリシー

キャンセルは開催日7日前までにお願いします。それ以降は返金しかねますので、ご了承ください。

連絡事項

  • 領収書が必要な場合は、申込時にお宛名をご記入ください。領収書のお渡しは当日となります。
  • 請求書 + 銀行振込の場合は、申込時に請求書のお宛名と送付先をご記入ください。

主催

ワイクル株式会社 http://www.waicrew.com